「歩く県道」

「歩く県道」と言われている
「新潟県道225号・長野県道114号 川尻小谷糸魚川線」
の北側、自転車で行けそうな部分を走ってきました。


根知から新潟県道526号線に向かう道


新潟県道526号線にある昭和48年廃校の蓮池小学校、保存状態が良い


県道526号線の峠 ここで折り返し この先小滝へ抜けられるかはわかりません


シーサイドバレースキー場中腹 ゲレンデを下まで滑降


新潟県道225号線をしばらく登ると、長野県、小谷村戸土 現在住民はいないそうです。ここから長野県道114号線ということになるのでしょうか?


分岐、右-鳥越峠 左ー県道
予定では右から入って鳥越峠の分岐を左へ、県道に合流し先を目指すというものでしたが・・・


鳥越峠、右に行けば横川、左に行きました


遠く海が見えているはずです


沢を渡ったところで道に出ましたが、どうやら県道ではなさそう。ピンクテープがつけてあるので、使っている道のようです(多分鉄塔巡視路として)。ここで鳥越峠分岐に向けて引き返し、左の県道へ進路をとります。


ほどなくして山道化、本日はここで終了です。


本日眺めた山々、雨飾山


駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳、奥に小さく見えるのが多分、新潟焼山


軽トラとクロモリリジットMTBの組み合わせにグッきてしまいました。
お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です